照明で、おしゃれなリビングやダイニングに変身できるインテリアがあります。

 

シーリングライトやダウンライトで明るさを調節したり、間接的に光を当てたりして、
色々な雰囲気を醸し出せます。

 

例えばペンダントライトのように照明にカバーがあるようなモノ付けてみるのも面白いでしょう。

 

すると光が当たるところ当たらないところが出来て、これで陰影を造るような事も出来るようになります。

 

照明自体もお洒落感があり、実際の景色も普段見ているものとは変わるので、これがちょっとした演出効果を期待することが出来ます。

 

人は均一になっているモノを見るとある程度は整っているという感じは受けますが、それではお洒落感は演出できません。

 

意図して何かの変化があるというところにおしゃれがあり、こだわり感を出していく事が出来るわけです。

 

照明器具そのものに拘ってみるのも面白いモノで、場合によっては三角の照明を使ってみたり、直方体のモノにしてみたりというのも良いでしょう。

 

いろいろとイメージを膨らませばいくらでもやり方は出来ることが分かります。

 

またスタンドライトのように、テーブル上やサイドテーブル、寝室などに設置するような補助的な役割を持つ照明も併用すると、より個性的なインテリアになると思います。

 

照明器具は今や和風のものから北欧風のもの、アンティーク風のものなど、あらゆる種類がありますので、それらを選ぶのも楽しいですね。

 

最近では、光と一緒に音が降りそそぐスピーカー搭載の照明も出ています。

今や照明も部屋を明るくするだけの役割ではなくなっています。

 

そして、今はそうした需要に応えられるおしゃれなインテリアを扱ったところもかなりありますから、そうしたところにいって実際に見てみるのもいいでしょう。

 

こんな感じになるのかというイメージが出来るようになりますから、そこから膨らませていく事も出来るはずです。

 

照明はもうLEDになっています。

古い照明をLEDに変えると、電気代の節約もできますよ。